カテゴリー「携帯・デジカメ」の109件の記事

2016.12.30

久しぶりにコニカミノルタのDiMAGEで撮影してみた

年末の片付けでコニカミノルタのDiMAGEが出てきた。
特に壊れていなかったので、久しぶりに撮影してみた。

Pict0565

Pict0569

今ほどの手ぶれ補正機能はないが、補正をかければ300万画素でもきれいに写っていると思う。

2016.01.11

auのiPhone4sをNifmo(ニフモ)で使う

auで使っていたiPhone4sを解約した。
そこでMVNO(いわゆる格安simというやつ)のNifmo(ニフモ)のSimが使えるか試してみた。

今使っているNifmoスマホのSimのサイズは、iPhone4sと同じサイズ。
だけどそのままでは使えない。Docomo系のニフモSimは、auのスマホでは使えないからだ。
SIMロック解除アダプターというのを購入して使う事になる。
今回使ったのはコレ→スマートキング au版iPhone4S専用 SIMロック解除アダプタ OCN(SMSなし)AX05対応

Simの種類によって使えるアダプターと対応してないアダプターがあるらしいので、購入の際は注意が必要だった。

さらに同封の説明書通りにはいかなくてネットでやり方を探したところ、同封の解除Simを入れたらキャリア選択画面になるので、au(KDDI)を選択し、その後でニフモのSimに入れ替えるということだった。

NifMoでは、iOS搭載端末の接続設定(APN設定)に必要な設定をまとめたプロファイルが用意されている。Wi-Fiでインターネットに接続し、Nifmoの配布ページでプロファイル設定をダウンロードした。

だけどプロファイルはLTE用らしくて、そのままでは使えなかった。
設定のモバイルデータ通信を、モバイルデータ通信と3Gとデータローミングをオンにし、さらにモバイルデータ通信の設定欄でAPNとユーザ名をmtaのところをmtbに書き換えた。

しばらくすると電波を掴み、3Gで使用できるようになった。
今のところ特に問題はない。

久しぶりに調べたり悩んだりしたけど、なかなか楽しかった。

2015.12.20

iPhoneでインターネット共有の設定

iPhone6sに機種変更して前からやりたかったテザリングをやってみることにした。
しかし、iPhoneの「インターネット共有を設定」を押してもテザリング設定申込のため「Webに移動」という表示が出るのみ。
テザリングするためには、携帯会社に申込をしておかなければならないらしい。
申込をして、改めてiPhoneの「インターネット共有を設定」を押したが、テザリング設定申込のため「Webに移動」という表示が変わらない。
?と思ってググると、iPhoneを再起動すると表示が変わるらしい。
さっそく電源を入れなおしてみると、たしかに変わっていて、テザリングが出来るようになっていた。
思ったよりも速度は遅かったけど。

2015.12.14

iPhone6sに買い替え

2015126_1810
格安のSimフリースマホに買い替えようかと考えていたが、月々割引というサービスがあるようなのでMNPにした。
が、条件がいろいろあって、その中の一つがソフトバンク光の契約。
プラマイすると少ししか安くならなかったし、2年縛りになったけど、最新のiPhone6sに買い替えできたので良しとしよう。

2015.10.25

nifmoのARROWS M01



ニフモでFUJITSUのARROWS M01が安売りされていたので衝動買い。
充電器と、画面フィルムまでついていた。
古い機種だが、LTEでネット検索もサクサクだし、ソフマップでは三万ほどで売られていたので破格の安さ。
Bluetoothルーターとして使えば長く使えるかも…。

2015.07.25


QX10で夜空を撮影してみた

サイバーショットQX10をプレミアムオートで夜空の撮影に使ってみたというだけの写真。


Dsc00769


Dsc00770


Dsc00771


Dsc00772


2015.06.28

QX10で走ってる電車を撮ってみた

QX10で走ってる電車を撮ってみた

2015.02.28


DSC-QX10 キャンペーンのカバー

今、QX10を購入して製品登録すると「シリコンジャケット プレゼントキャンペーン」でQX10のカバーがもらえる。


Qx10


見た目が可愛くなるのと、傷からも守れるので、すぐに申し込んだ。

しかし、使ってみるとイマイチ。weep

接続のためのケーブル接続のカバーや、裏蓋を開くことができない上、滑りにくくなる代わりにゴミがつきやすくなったのだ。
なので日常使う上で不便になったので、使うのをやめてしまったのだった。

2015.01.17


DSC-QX10 ソニーのレンズ型カメラ

「今年はお正月の特売でいいものがないなぁ」と思っていたら、ソフマップの中古で掘り出し物を見つけた。
掘り出し物の上に中古の日特売で、さらに1割引だった。happy02


201516_0108


ソニーのサイバーショット DSC-QX10。
レンズ型のデジタルカメラでファインダーが無い。
面白いデザインだし、いちおうMacにも対応している。



201516_0010

単体としても使えるが、↓このようにも使える。(QX10のHPより転載)


Qx10_mainvisual_ft01


スマホとはQX10がWi-Fiの親機になるので接続し、専用アプリで操作する。

ソニーの商品ページには↓このような使い方を提案していた。(QX10のHPより転載)


Y_qx10_freeangle

ただ、しばらく使用してみてファインダーがないと、思ったような写真が撮れないということがわかった。
そういう意味では使いにくいカメラだ。

でも、昔のように現像するまで、どんな写真ができるのかわからないカメラとも言える。
おもしろい使い方ができる可能性もあるカメラだ。


2012.04.28

悔しい泣き寝入りのAPP解約

SoftbankのiPhone4を解約したところ、同時に加入していた「AppleCareplotectionPlan(延長保証)」も解約することでAppleから返金があるらしい。

Softbankから指定されたAppleに電話をしたところ、「AppleCareplotectionPlan」の料金を支払った証明として「SoftBankの支払証明書」を送る必要があるということだった。

さっそくSoftBankに状況を説明して証明書が欲しい旨を伝えたが、担当者は意味がわかってない様子。そして証明書には発行手数料がかかるということだった。しかも、一週間ほどで証明書類が送られてきたものの、Appleの基準を満たしていないということで出し直し。SoftBankが売っている商品なのに。

記載されている必要があるのは以下の5点。

① iPhone購入日
② APP加入日
③ App請求月
④ 購入した商品名:アップルケアプロテクションプラン
⑤ 購入額:

再度、念をおして発行してもらう。
「また発行手数料がかかります」と言うので、さすがに「おかしくないか」と言ってしまった。すると向こうでモゴモゴやりとりをした後で無料にしてくれた。

そうして送られてきた書類はOKだったようで、その証明書に手書きで、氏名、住所、電話番号、受付番号を記載してファックスした。(振込先は事前に伝えていた)

しかし、返却される料金が「証明書」を送った日からの日割りになるらしく、この間のバタバタした遅れでいくらか損をしているはずだ。
これは泣き寝入りになるのでちょっと悔しい。

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ
フォト