カテゴリー「映画・テレビ」の90件の記事

2019.09.02

2019.08 京都みなみ会館とメカゴジラ

Img_9287

復活した京都みなみ会館へ行ってきた。
学生時代から何回か行ったことのある、ノスタルジーを感じる映画館。

 

しかも今回は「超大怪獣大特撮大全集R」と題して、ゴジラ対メカゴジラとメカゴジラの逆襲の2本だて。これは行きたい‼︎

 

大混雑が予想されたので、早めに行きたかったが遅くなってしまう。しかし、なんとかギリギリ入ることができた。

 

特技監督のトークイベントもあって、爆発シーンと光の関係等の裏話は興味深い内容だった。

 

一番驚いたのが、この映画は40年以上前の映画だということだが、今見てもじゅうぶん面白い。特に怪獣のシーンは今と比べても、それほど遜色ないのではないかと感じた。

 

2019.06.29

2019.06 映画「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」

4DXで鑑賞。
前回のゴジラも4DXで失敗したと感じたが、今回もIMAXにしておきたかった。それはグラグラ揺れて椅子からずり落ちてしまいそうになるし、シューシュー水や空気が吹きかけられて映画に集中できないからだ。
ただ、前回の映画よりも4DX向けでよかったと思うところもあった。

ゴジラ、モスラ、ラドンにキングギドラ、芹沢博士の最後と日本のゴジラを彷彿とさせてくれるストーリーや、音楽がよかった。特にエンドスクロールのゴジラマーチはやっぱり最高だったと思う。

まだまだシリーズが続きそうなので、次回こそIMAXで見たい。

 

2019.05.23

2019.05 アベンジャーズ/エンドゲーム

Img_8494

アベンジャーズ/エンドゲーム を見てきた。
前回を見ていないとはいえ、あんまりおもしろくなかったと思う。
アベンジャーズは今回が最後?になると思うので残念。

2018.09.23

映画「銀魂2」



相変わらず安定した笑い。
特に冒頭は映画館で見た方が面白いと思う。

2018.04.09

重神機パンドーラ

アニメ「重神機パンドーラ」
2018年4月より、毎日放送ほかで放送。
中国のプロデューサー孫晗が企画を持ちかけて立ち上げられたオリジナルアニメ。
福建省のXiamen Skyloong Mediaが連携して製作を行っている。
中国でも同時放送。(wikiより)

アニメは日本のお家芸のようなところがあった気がする。
しかし、そろそろ日本が追いつかれて、そのうち追い抜かれていくのではないかという気がしてきた。

なんとなく、似たような設定を見たような気もするが、アニメ自体は今のところ面白そう。

2018.01.03

映画「探偵はBARにいる3」

大泉洋、松田龍平 出演の人気シリーズパート3。
笑いあり、涙あり、アクションありのハードボイルド映画。

自分は北海道を舞台にしたシティハンターみたいだと思っている。

今回もなかなか面白かった。
テーマ曲もいい。(毎回若干変更されているけど、しなくていいのにな)

2017.10.09

映画「ユリゴコロ」

2017年9月30日鑑賞。


序盤はホラー
中盤はサイコ
後半から涙モノ?


中盤の手首を切るシーンはショックを受ける。
だから12GPなのか。


最後の方では何故か泣けてしまうが、殺人鬼に感情移入してしまうのは演技力のせいだろうか。


映画としては、久しぶりに衝撃的な映画だった。



福島智と柳澤桂子の対談

録画していたNHKのスイッチを見た。
福島智と柳澤桂子の対談で、普通のアーティストや学者とは違った話が聞けるのではないかと思って録画しておいた。


福島智が自分の状況を「壺の中にいて、(通訳者が来てコミュニケーションが始まると)蓋が開く」と例えていて、とてもわかりやすかったが、自分には耐えられないんじゃないかとも思った。


あと、福島智が柳澤桂子に「宇宙人に会いたい」と言った時に「先生半分宇宙人みたいなもんじゃない」と返答された瞬間BGMが切れた。(笑)
差別発言と言われかねない結構際どいユーモアだと思うが、カットしなかったNHKは勇気があると思う。


今回の対談では、大きな宇宙の中の人間の価値観として、存在の有無、価値の有無とかに通じる話をしてたように感じたけど、自分にはそこまで高尚な理解はできず。


でも、ふとお金が似てるんじゃないかと思う。
お金もとても価値があるものだけど、物質的にはただの紙切れだ。価値あるものに交換できるから価値があるに過ぎない。
でも、今はとても価値があるもの。
身近なお金を通してなら、少し考えることができるのではないかと感じた。

2017.03.25

僕のヒーローアカデミア



よく見たら「電車が来た」と書かれていた。

今日から第2部放送。
最近コミックも読んでいたので、少し楽しみでもある。

2016.11.04

映画「君の名は。」

大ヒットしている「君の名は。」が気になっていて、映画の日に見てきた。

面白かったけど、期待していた程ではなかった。
たぶん事前に期待が高くなっていたからだと思う。
映像はきれいだったけど。

写真は映画が終わってからフードコートで食べた海鮮丼。



思っていたより安くてお得感があり、しかも映画の半券でドリンクサービス。
こっちの方がちょっと感動だった。

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ
フォト