« 2019.05 ユニクロのバックパック | トップページ | 2019.05 アベンジャーズ/エンドゲーム »

2019.05.13

2019.05 コーマワークと高次脳機能障害の研修を受けて

先日、コーマワークと高次脳機能障害の研修を受ける機会があった。といっても、どちらも入門編のようなものだが。

・コーマワークの研修
相手の呼吸に合わせてゆっくり話しかけていくコーマワークを見ていて、介護の基本を思い出した。
相手に意識がないから、勝手に身体に触れて介護をしても良いというわけではない。
きちんと声掛けをしてから、しながら体に触れることが基本だった。

これはユマニチュードの話にも同じようなことがいえるのではないかと思う。
ここから思ったのは、各支援法ともに画期的な面もある一方で、介護の基本が今はおざなりにされてるんじゃないか…そんなふうに感じた。

・高次脳機能障害の研修
高次脳機能障害は脳の障害なので、その症状は認知症や発達障害ととても似ている。
だから支援方法も必然的に似てくると思う。

ただ、発達障害は先天的な障害なので、生まれたときからその感覚。
対して高次脳機能障害や認知症は後天性なので、障害前後の記憶がわかれば「オカシイ」と気づくことができるんだと思う。そこから自分なりに軌道修正していける。「オカシイ」と気づくことができない場合は難しい支援になるのではないだろうか。


« 2019.05 ユニクロのバックパック | トップページ | 2019.05 アベンジャーズ/エンドゲーム »

福祉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2019.05 ユニクロのバックパック | トップページ | 2019.05 アベンジャーズ/エンドゲーム »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ
フォト