« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月の19件の記事

2012.04.30

Mac OSX Lion上でMac OS7.6を起動。

Sheepshaver1

Sheepshaver2


Mac OSX Lion上でMac OS7.6を起動した。
sheepshaverというエミュレーターを使ったのだが、ググって設定が終わると、拍子抜けするくらいすんなり起動した。

唯一悩んだところはROM。
自分が持ってるROMは使えるはずなのに起動しなかったが、ファイル名が少し違う事が原因だったようだ。
「Mac OS ROM」という名前に変更すると問題なくなった。

不安定なために爆弾マークもなしで落ちることも多いが、昔を懐かしむには充分だ。
WindowsやLinux版もあるようなので、いずれ試してみたい。

2012.04.28

悔しい泣き寝入りのAPP解約

SoftbankのiPhone4を解約したところ、同時に加入していた「AppleCareplotectionPlan(延長保証)」も解約することでAppleから返金があるらしい。

Softbankから指定されたAppleに電話をしたところ、「AppleCareplotectionPlan」の料金を支払った証明として「SoftBankの支払証明書」を送る必要があるということだった。

さっそくSoftBankに状況を説明して証明書が欲しい旨を伝えたが、担当者は意味がわかってない様子。そして証明書には発行手数料がかかるということだった。しかも、一週間ほどで証明書類が送られてきたものの、Appleの基準を満たしていないということで出し直し。SoftBankが売っている商品なのに。

記載されている必要があるのは以下の5点。

① iPhone購入日
② APP加入日
③ App請求月
④ 購入した商品名:アップルケアプロテクションプラン
⑤ 購入額:

再度、念をおして発行してもらう。
「また発行手数料がかかります」と言うので、さすがに「おかしくないか」と言ってしまった。すると向こうでモゴモゴやりとりをした後で無料にしてくれた。

そうして送られてきた書類はOKだったようで、その証明書に手書きで、氏名、住所、電話番号、受付番号を記載してファックスした。(振込先は事前に伝えていた)

しかし、返却される料金が「証明書」を送った日からの日割りになるらしく、この間のバタバタした遅れでいくらか損をしているはずだ。
これは泣き寝入りになるのでちょっと悔しい。

2012.04.26

AndroidにあってiPhoneに無いアプリ

iPhoneとAndroid携帯。
2つの携帯を端末を使ってみて、それぞれの違いを感じる事ができた。
アプリの種類に差はあるのか考えてみた。

メールやブラウザなど、標準のアプリがはじめからインストールされている。

自分はアプリを「災害・ゲーム・ツール・福祉・天気・店・クラウド・その他」というふうに分けている。
災害にはニュース、ラジオや翻訳アプリも入れている。



Photo

それをリストにして比較してみたところ、
Androidにはアプリを終了させるアプリがあるが
iPhoneにはないことがわかった。
iPhoneは標準機能(ホームボタン2回押し)で強制終了するしかない。

また、iPhoneはパスワードが設定されているページのPDFをダウンロードして開くことができるが、
AndroidではpdfDownloaderが必要だとわかった。


その他、カレンダーアプリとして、
Androidではジョルテが優れたカレンダーツールにある。
iPhoneにも様々なカレンダーツールがあるが、ジョルテには及ばないように思える。
そんな中、自分は縦型Calが使いやすいと思っている。

2012.04.24

iPhone4用のケースをiPhone4sで使えるようにDIY

20120414_181702


iPhone4で使っていたケースを、iPhone4sで使えるようにした。
iPhone4のスイッチの位置と、iPhone4sのスイッチの位置が微妙にずれている。
なんのためにこんなことをしたのかわからないが、このままで今までのケースは使えない。

そこでヤスリでズルズル削って穴を広げて、iPhone4で使っていたケースを、iPhone4sで使えるようにした。


最近は100円ショップでもiPhone4のケースが売っており、量販店でも1000円くらいするようなケースも100円で手に入る。
しかも、ちょっときれいなデコレーションをしただけで何千円も跳ね上がる。
こういうのをDIYでつくれば、安上がりで、しかも世界に一つだけのケースが手作りで作れるのではないか。

2012.04.22

コンビニの介護用品カタログを見て…

茗荷谷のコンビニで介護用品カタログが並んでいた。
商品を選んでコンビニからも注文できる。

忙しい家族には便利なサービスだと思う反面、買ってる人いるのかな?と疑問も感じた。
コンビニで買うより、専門店や関係者と相談して購入するのではないかと。

もう一つ、ここで買わなくても100円ショップのグッズで良いのではないだろうかと思えるようなものもあった。



1



なるほど。こういう食べ物は作るのも大変だし、100円ショップでは売ってないから便利かも。
でも、最近は配食サービスが充実してきてるので、どれくらいニーズがあるのか気になるところ。


2



これは子どもの玩具で昔からあるものをリニューアルしたものだ。
100円ショップで似たようなものが売っている。

3


これも秋葉原なら2751円もしないだろう。100円ショップでも似たようなものがあるので、ケースによっては100円で済む場合もある。



4


このクリップも100円ショップでできそうな気がするのだが…。

労働基準法と労働基準監督署について

なぜ違法な労働環境が放置されているのかが気になり調べてみた。
労働基準監督署ガイドによると、労働基準監督署は「労使関係の担当行政機関、労使トラブル・問題の相談窓口であるものの、証拠資料などが揃っていない限り、労働基準監督署が関与することは少ないのが実情です」とある。つまり訴えてからしか動かないし、民事訴訟と同じで証拠は訴える側の労働者が用意せねばならないということなのだろう。

Img_2811

読み進めていくと、次の項目が気になった。
Q.得意先との接待飲食やゴルフの時間は労働時間になりますか?
A.労働時間となるケースもありますが、ならないケースの方が多いと思われます。

費用が会社もちだからといって、接待飲食やゴルフが労働時間になるわけではないということのようだ。

また、「単なる懇親を主とする宴会は、その席においてなんらかの業務の話題があり、その円滑な運用に寄与するものがあったとしてもその席に出席することは、特命によって宴会の準備等を命ぜられた者、または出席者の送迎にあたる自動車運転手等のほかは原則としてこれを業務とみることはできない」「事業運営上緊急なものと認められ、かつ事業主の積極的特命でない限りは、労働基準法上の労働とは認められない」という記述もあった。接待時に仕事の話をすることがあっても労働時間にはならない、ということになるようだ。

会社では通常業務の他に出席しなくてはならない付き合いというものがある。福祉の仕事では職場によって障害者運動や選挙に使われることもある。「労働時間にならないから」といって拒否できなくもないだろうが、そうすると恐らくその職場に長く勤めることはできないだろう。

仮に違法な労働実態を告発しても、現状の労働基準監督署の姿勢では、明らかに資本家側に有利に思える。

さらに、今日こんなニュースを教えてもらった。
尼崎市の訪問介護施設・未払い残業代求めたら…会社解散、全員解雇

ブラックすぎるニュースだ。ヤッテラレンワ…ヽ(○´3`)ノ フッ

これからのサラリーマンは、親方に逆らわず、江戸時代のように日月火水木金金で、休日があればラッキーくらいに思っておいた方がいいのかもしれない。

2012.04.20

Android携帯を使ってみた感想

 先日、お下がりのAndroid携帯を譲ってもらうことができた。今までiPhoneしか使ってこなかったので、Android携帯を試してみたいと思っていた。スマートフォンOSは、大きく分類してiPhoneのiOSと、多くのスマートフォンがベースにしているAndroidに別けられると思う。今回、Androidを使ってみて感じたことは7つあった。

1.ウェジェット
 ウィジェットを利用することで、壁紙を見るように最新の情報をチェックできる。ツイッター・フェイスブック、ニュース・株価がリアル更新でアプリを起動しなくてよいため、壁紙を見るように最新の情報をチェックできる。iPhoneではアプリの起動やインフォセンターを開く必要があるので一手間かかり不満を感じる。


120407_1116

2.壁紙の能力
 iPhoneでは静止画の壁紙しか使えないのに対して、Androidでは動く壁紙が使える。アプリを利用すれば、熱帯魚の水槽にしてしまうこともできる。

120407_0022



  ↑
 (実際は動いている魚たち)

3.ボタン操作
 iPhoneは画面正面のボタンが一つなのに対して、Androidは三つもある。Androidはできることが多い半面、ややこしい。これはウインドウズとMacの扱いにも似ていると感じた。

4.アンドロイドマーケット→グーグルプレイ
 iPhoneではデータのやり取りは全てiTunesを使う。最近は本体だけでダウンロードできるようになったが、もともとはアプリもiTunesからAppStoreを開いてダウンロードしていた。
 Androidではアンドロイドマーケット改め、Google Playからダウンロードする。パソコンでGoogle Playからダウンロードしても、パソコンにデータはこないで、何故か直接本体がダウンロードしている。パソコンにつながってもいない携帯が勝手にアプリをダウンロードしていることに違和感を感じるが、これからはそういう時代なのかもしれない。

5.音楽や動画を移すのがややこしかった
 iPhoneはiTunesで音楽や動画を簡単に同期できる。それに対してAndroidはよくわからなかった。自分がMacをつかっていたために、接続ツールが使えなかったからだ。AndroidにMicroSDカードを入れると外部メディアとして認識してれたので、それでデータのやり取りはできるようになった。また、Bluetoothを使うことによってもデータのやり取りができるようになった。スマートフォン同士ならBUMPというアプリで写真などのデータを交換することもできる。

6.ウイルスアプリ
 iPhoneではあまり気にしないウイルスもAndroidでは注意が必要なのだろう。最初からウイルスアプリが入っている。Google Playにもいろいろなウイルス対策アプリがある。

7.多様なキーボード
 iPhoneの入力とあまり差はない。しかし、キーボード選択時に半角の英と数が一画面に収まっているキーボードはとても便利だ。iPhoneの場合は英語と数字をいちいち切り替えるので、パスワード入力時に不便なのだが、Androidでは切り替える必要がない。

・まとめ
他にもiPhoneとAndroidの違いを発見することがあるだろうが、いまのところ気づいた点をまとめてみた。
総合的に見るとウイルスの心配を除くと、Android携帯の方が便利じゃないかと思う。Android携帯の中にはワンセグやおサイフケータイ、そして防水に対応しているものもあり、カタログスペック的に見るとAndroidの方が良いように思えた。


2012.04.19

伏見の藪そば

伏見の藪そば

ZIP!カメラで編集した。

The History of Macintosh

The History of Macintosh
ソフマップで歴代MacやOSの展示中。
ノスタルジックな気分に浸れる。

哲麺が大阪にも


清瀬にもあった哲麺が道頓堀にもあった。

2012.04.18

久しぶりに歩いた御堂筋の街並みが少し変わっていた



久しぶりに淀屋橋から御堂筋を歩いた。
大江橋北詰交番がなくなって建て替え工事をしていたが、びっくりするくらい高い建物になっていて驚いた。


120406_1559

御堂筋西側にあったココ壱とかはなくなったようだ。


120406_1557


代わりにFedExキンコーズや立飲みコーヒーの店ができていた。



120406_1440


ついでながらスカイビル下の滝見小路にあるミゼットもモデルチェンジしているように思える。

2012.04.16

映画「僕達急行 A列車で行こう」

映画「僕達急行」を見てきた。


やまびこをズラしたり、ちょっとしたところで音をうまく使っている。

全体的に派手さはないけど、安心して見られる。
ところどころ笑いも入っているけど、少し中途半端で釣りバカ日誌ほど笑えない。
釣りバカ日誌から”おバカ”をとったような感じ。

あの手の笑いが好きでないならちょうどいいかもしれない。
でも自分は釣りバカ無き後の日本映画で笑わせてくれる作品が出てきてほしい。

相米慎二監督が亡くなって、最後に「監督相米慎二」が「ありがとう相米慎二」になるところは映画らしい暖かさを感じるところであった。

2012.04.15

桜が見頃

4月の半ばになる前に、桜の見頃になってきたようだ。


120410_16482


120410_1711


2012.04.14

ラーメン「威風堂々」(東梅田)

難波の久留米ラーメン「満州屋が一番」が好きだった。
ところが東京へ行っているうちに潰れていたようだ。
系列店が東梅田にあるというので行ってきた。

120406_1512

味はあまり変わってないように思えたが、店が駅から遠くなり、なにより値段が高くなったのは残念だった。

券売機のメニューに安いラーメンを小さく書いてるのは"やらしい"としか思えない。
あそこの店長は何を考えているのだろうか。

たぶん、もう行かないだろう。

2012.04.12

iPod Photo の修理



iPod Photo 60GBの基盤を交換する修理をした。
iPod Photo は第4世代のiPodで、最初に写真が見ることができるようになったiPod。


120407_1640


2009年にバッテリーとハードディスクを交換していたが、その後すぐ反応しなくなり、ダメになっていた。


バッテリーとハードディスクを交換していたので、残るは基盤と思われたが基盤は部品の中でも少し高い。
間違っていたら部品代がもったいない…と考えて修理屋に頼もうとしたけど、修理はできないと断られていた。
(修理代よりも最新型iPod classicを購入した方が安いため?)


仕方がないのでD.I.Y.で修理しようと思っていたが、仕事でなかなかゆっくりできる時間がとれず、東京でやろうと思っていたものの、ここもなかなか落ち着いた時間が持てなかった。
今回、やっとこさ一段落してるので、いまのうちにやってしまえ!happy02と奮起。


ネットの部品販売をしてる店で取り寄せる。(送り元がオーストラリアだったのでビックリした)
値段は5000円ほどだった。


ハードディスクやバッテリーを交換しているのでやり方はほとんど同じだが、久しぶりにやると手間取った。
iPodを開くのにはコツがいるためだ。


120407_1319


なんとか無事に開いたら、基盤からハードディスクとバッテリーを抜いて基盤を外す。
ネジは星型だけど、ラジオペンチとマイナスドライバーでなんとかクリア。
新しい基盤をつけて元通り。

120407_1344




蓋をする前に充電できるか確認…するも無反応。(-=-;
そういえばiPod Photoは最初だけコンセント充電しないといけないのだった。久しぶりですっかり忘れていた。
コンセントに挿すと充電マークが点灯してほっとし、OKだったので蓋をしめる。


120407_1401



iTunesにつないで初期化して修理完了。
久しぶりにこういう修理ができて楽しかった。
こういうバイトしようかな。coldsweats01


2012.04.10

iPhone4sとiPhone4の違い

Dsc_0002
iPhone4からiPhone4sに変わった。
若干の性能アップ以外、外観もかわったように思えない。
しかし、iPhone4用のケースをつけてみると、じゃっかんマナーモードのスイッチの位置がずれていることに気づいた。
柔らかなケースなら使えないことない。
でもプラスチックなどの固いケースは使えない。
なんのためにこんなことを…。

2012.04.06

SoftbankのiPhone4からauのiPhone4sにMNPした

Iphone


・Softtbankからauに携帯会社を変更
10年以上使ってきた携帯電話会社を変えることにした。
理由は携帯各社が行なっている学割だった。

現行のままだと1年で約6万円、2年で約12万円の携帯代になる。
しかし、学割を使えば1年で約3万円、2年で約6万円になる。
それも最大3年間も。

3




例え、解約金に2万円とられても乗り換える価値はあると考えた。
もっとも今回は解約金が取られることはなく、MNP手数料と新規契約事務手数料のみだった。

本当は今までどおりSoftBankがよかったが、各社とも学割適用条件は“新規契約(MNP可)”だ。電話番号を変えたくなかった自分は、iPhoneを発売し始めたauに乗換えることにした。

・MNP手続き
電話番号を変えずに携帯電話会社を変えるMNPをするためには、まず予約番号を発行してもらわねばならない。
SoftBankの場合は「*5533」に電話をする。

電話番号、つぎに暗証番号を入力するとオペレーターから順番に確認事項を聞かれる。
手数料は2100円ということだった。

自分はiPhoneでAppleCare+を契約しているため、Appleの延長保証料金が返却される可能性があるということだった。
9時〜17時で0120-277-535へ電話して確認して欲しいということだった。

そして予約番号の発行。期限は約半月。
すぐにメールでも送ってくれたので忘れる心配はない。



・機種選び
MNPで電話を乗換えることになったので、携帯電話も機種を変えることになる。

今まではiPhone4を使用しており、今回はiPhone4sにしようと決めていたので、安いiPhone4sを探す。
どこの店も値段は大差ないと思っていたが、店によって値段や条件が大きく異なることがわかった。
どこが安いのかわからないので、ネットで調べたり、足で行ける範囲の店を探しまわるしかない。

何件も探して、iPhone16GB一括0円で契約。(高いところだと一括払いで14800円だった)
しかも5000円分のWAONポイントをプレゼントしてくれた。
京都〜大阪では良い条件だと思う。
平日だったので手続きは1時間ほどで終わり、新しいiPhoneが使えるようになった。



・SoftbankのiPhone4からauのiPhone4sへデータ移行
新しいiPhone4sを手に入れた。
しかし、電話が開通しただけなので、後の設定は自分でしなくてはならない。
が、いままでSoftBankのiPhone4だったので、auになってもiPhone4sへのデータ移行は簡単だった。

今まで使って使っていたiPhone4をiTunesでバックアップ。
iPhone4sをiTunesに挿すと新しいiPhoneとして認証するか聞いてくる。
iPhone4のデータで復元。

ちょっと時間がかかったけどデータは簡単に復元できた。
ブックマークにSoftBankが入っていたのに、なぜかauに変わっていたのだけが気がかり(笑・恐)



・iPhoneを使うならSoftbankの方が便利か
同じiPhone4でもSoftbankとauでは、できる事の違いがある。
auの方が遅れて発売したために、ノウハウが少ないのか?

メールを送信すると同じ条件であるにもかかわらずauのiPhone4sは遅れてメールが届く。
ネットで調べると再起動で解決することがわかった。

その他にMMSが使えないなど諸々と困ったことがあった。
これは後日対応するらしいが、回線の違いでSoftBankみたいに通話しながらネット検索はできないらしい。
回線はauの方が優れていると思っていたのでビックリだった。

こういう違いを発見することが楽しいのだけれど。

そんな感じで、最初はとまどった新しいiPhoneだけど、日々ちょっとした新しい発見を楽しんでいる。


2012.04.04

なんちゃっておサイフケータイiPhone4

Dsc_0001

iPhone4のケースに、ICカードが入れられるものを使っていた。
iPhoneはおサイフケータイの機能がないが、これを使うことによって、なんちゃっておサイフケータイにすることができる。いろんな種類ケースが売られているが、中には絶縁シートを貼らないといけないものもあった。

自分が使っていたケースは薄いものの電車の自動改札では問題なくPASMOを使用できた。
ただし、コンビニなどでは反応してくれなかったので、ケースから少しカードを抜いて使う必要があった。(慣れるとそれほど不便ではない)

しかし、関西のICカードであるPITAPAは駅も店も両方使えなかった。
残念である。

2012.04.02

地方から東京のラジオを聴く方法

東京のラジオを聴くための方法がある。
Waimax経由でインターネットにつないでradikoを使うのだ。
radikoはインターネットを使って聴けるラジオで、radikoに加盟している放送各社が対応している。
電波ではないので、クリアな音質が定評だ。


しかし、このradikoはGPSやwi-fiの場所で地域を判定し、そのエリアの放送局しか選べなくなっている。(これは利権関係によると思われる)


そこでWimaxを利用する。
Wimaxは大雑把にいうとインターネット専用の携帯…というか携帯のような無線LAN…というか。(^^;(詳しくはコチラ)


Wimaxの場合は自分がいる場所ではなく、東京のサーバーの場所を自分がいる場所と誤解してくれるようだ。(ただし、携帯電話の場合はGPSや3Gをオフにしておき、ネットワークをWi-Fiだけにしておく必要がある)


つまり、Wimaxを使っていれば大阪に来ても東京の放送を聴くことができる。以前、大阪のマクドナルドのWi-Fiで同様の現象が起こったので、もしかしたらと思っていた。


試しに大阪でradikoにつないでみると、


Screenshotacro



という風に東京のラジオ局が聴けるようになった。


新年度に入って、関東から地方に引っ越したけど、東京のラジオが恋しい人に試してもらいたい。


無料ブログはココログ
フォト