« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月の7件の記事

2011.08.31

東北支援においしいものを

国見のサービスエリアにて夕食。
といっても、時間が滞在時間が短かったので名物の「牛タンつくね」「黒豚シューマイ」をお持ち帰り。

こんなのも地元で作ってるんだろうから、これを買ったり食べることによって復興支援につながるのだと思う。
おいしいものを買って食べて復興支援になるならwin-winな関係なのではないか。

しかし、東北産だけを応援して買っていると他の地域の売り上げが下がって、被災地の応援とはいえ、あまり良い気はしないかもしれない。
なので、東北産の品物と他県の品物のコラボ商品を開発してそれを販売すればどうかと思う。

例えば淡路島のタマネギと宮城のサメをミックスして鮫丼とか。
そうすれば他県の売り上げも一緒にあがって両方ハッピーになれる。
ついでにおいしければ売ってよし、買ってよしで、社会よしの三方良しになる。

多くの県とコラボ商品が生まれたらコンテストも開けるし、楽しそうなんだけどなぁと思った。Img_1822


2011.08.30

大船渡のワカメラーメン

大船渡のワカメラーメン
ワカメラーメンながら、他のワカメラーメンと違うのは麺にワカメが練りこんである。

いいのか良くないのか、麺からはワカメの味がしなかった。
普通の醤油ラーメンだ。

大船渡の町で作っているらしく、これを買ったり食べることによって復興支援につながるのだ。

今回は一ノ関のラーメン屋で食べた。

2011.08.16

バリアフルな福祉大学

バリアフルな福祉大学
とある福祉大学。
スロープをよく見てみると幅や段差が気になる。

2011.08.04

介護福祉士のたんの吸引

介護福祉士等にたんの吸引を認める制度で、国家試験合格後に実地研修をする方向で固まるそうな。
介護福祉士養成時に研修をすればいいと思うのだけれど、現職の介護福祉士と合わせるということだろうか?

2011.08.03

障害者基本法改正案成立

障害者基本法改正案が衆参両院で可決され、7/29に成立した。
これにより手話の言語性や司法手続きにおける配慮などが確認された。

また「可能な限り障害者である児童及び生徒が障害者でない児童及び生徒と共に教育を受けられるよう配慮」「障害者である児童及び生徒並びにその保護者に対し十分な情報の提供を行うとともに、可能な限りその意向を尊重」と、「障害者は、可能な限り、どこで誰と生活するかについての選択の機会が確保され、地域社会において他の人々と共生することを妨げられない」ことが規定されているらしい。

2011.08.02

安い自動水やりの商品達

前に「ペットボトルで作る自動水やり器でプランタに水遣り」という自分で作ったのをブログに書いた。

その後、ペットボトルで自動水やりをする器具はどんなものが売ってるのか調べてみた。
家電製品的なものを除くと、けっこうアイデア商品と思えるものがづらりと。


「おまかせ給水キャップ 5個入」




「おまかせ給水キャップ 5個入」は、特殊な溝により、自動的に給水を調節します。土に差しておくだけの簡単設置。不要になったペットボトルを利用して給水できるノズル。(商品説明より)

happy01感想
これは自分が作ったものに似ている。でも、先っぽが尖っていることや、特殊な溝があるので便利になっているようだ。
ネックはやはりひっくり返して使うということだろうか。
刺し場所、配置に配慮が必要だ。


「SIMERUS水やりテープ」


ペットボトルキャップに取り付けた【SIMERUS水やりテープ】が土の乾湿を察知して、24時間ゆっくりと自動給水調節します。植物の生育に適した”軽く湿った(シメラス)”状態を自動で維持します。無駄な水や肥料が排水されず、電源や水道栓も不要な、節水、省エネにすぐれた環境に配慮した自動水遣り器です。ペットボトル内の水の量にかかわらず、安定して自動給水調節します。 (商品説明より)

happy01感想
これは特殊な水やりテープが水をやってくれるらしい。土の乾湿を察知するなんてハイテクに思えるが、電源は不要との事。すごいなぁ。

「水やり当番」

※ペットボトル以外にも、コップやバケツなど大小さまざまな容器でご利用いただけます。大きな容器を使うほど長期間の自動給水が可能です。
※正常に機能させるには、管の中が水で満たされていることが必要です。鉢にセットする際、水道蛇口等から管に水を流し入れ、 先端部から水がしみでてくるのをご確認いただいてから、すばやく ペットボトル内に給水元をセットしてください。
「水やり当番」は花鉢、観葉植物の自動給水栓です。毛細管現象を利用した浸透式。お手元のペットボトルに水を入れて緑色のチューブの端を差込み、給水栓(白い部分)を鉢土にさせばセット完了。給水栓は素焼きなので、土の乾き具合にあわせて給水量が自動的に増減し、土を適度な湿り具合に保ってくれます。夏場の旅行、朝晩の水遣り作業の軽減におすすめです!(商品説明より)

happy01感想
これはペットボトル以外にもバケツ等も使えて便利だ。長期不在でも大量の水を準備しておける。しかも給水栓は素焼きというアイデア商品。みんなすごい発明家だなぁと感心するばかり。少し使い方にコツがいるみたいだけど、いいんじゃないかと思う。


「水やりらくだぞぅ」


ご家庭のペットボトルを再利用して植物に自動給水
毎日の水やりが楽になります。
棒状の綿の毛細管現象で自然にペットボトルの水を吸い上げ、植木鉢の土に給水します!

happy01感想
これもシンプルでいい感じ。
だけど、ユーザーレビューで恒久的に使えるか疑問というようなことを書いてあった。一時しよう目的にならOKらしい。
一番いいのはネーミングだろうと思う。

2011.08.01

映画「黄色い星のこどもたち」

この映画でフランスがユダヤ人の虐殺に関わっていたということを知った。

多くのユダヤ人が捕まって東へ送られるのだが、多くのフランス市民が匿ったりもした。

自分がそんな立場になったら、そんなことができるのだろうか。
少なくとも今の自分に似てるのは「もう嫌だ…」とボヤいて命令に従う軍人だろうか。

無料ブログはココログ
フォト