« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月の18件の記事

2011.06.28

女子高生がエンコード?

電車の中で女子高生が「BOSS」をiPhoneで見ていた。
どうやって読み込んだんだろうか。

YouTubeに誰かがアップしてるんだろうか。
そんな違法なデータはすぐに消されるはずなんだけど。

テレビを録画してエンコードして…自分には手間がかかる事しかわからない。
最近の女子高生は簡単にテレビ番組をiPhoneに取り込む能力を持っているのか?
だとしたら、おじさんは負けそうだ。despair


2011.06.27

メトロタッチに東京メトロ

東京の地下鉄で、何両目に乗れば降車駅のどこに着くかわかるメトロタッチという無料アプリがある。
他にもエレベーターの場所がわかったり、いろいろと便利だ。

一方、構内図が見られる有料アプリが駅ペディア。
バリアフリー乗換の時はルートの確認ができて便利だ。
東京、大阪などの都市部に対応している。

しかし、ここにきて東京メトロという無料アプリが登場した。
これにも構内図が載っているのだ。
駅ペディアにはトイレや出口の写真が掲載されてるとはいえ、無料にはかなわないだろう。

しかし、まだ東京メトロというだけあって、東京の地下鉄しか対応していない。

頑張れ、大阪。
負けるな京都!

そしてJRもな。

メトロタッチ - Metro Ad Agency←メトロタッチ(無料)

東京メトロアプリ - Tokyo Metro Co., Ltd.←東京メトロ(無料)

2011.06.26

まぐろ市場

まぐろ市場
まぐろ市場で丼を食べた。
ザ丼よりも安かった。

松屋で山かけまぐろ丼を食べる事を思うといい勝負か…。

2011.06.24

介護保険法等の一部が改正

介護保険法等の一部が改正された。
自分が気になった点は以下のところ。

1つめ。
医療と介護の連携の強化。
24時間対応の定期巡回・随時対応サービスや複合型サービスを創設。

→このエリアは中学校区を基本とし、おおむね30分程度で駆け付けられる圏域だそうだ。そして今も一部の介護職員は行っている痰吸引などの医療行為を公に実施するようになる。

2つめ。
介護福祉士の資格取得方法の見直し(H24年4月実施予定)をH27年4月まで延期。

→また伸びるんだなー。H27年も先送りになるんじゃないだろうか。

3つめ。
介護事業所における労働法規の遵守を徹底し、指定取消要件に労働基準法等違反者を追加。

→労働基準法を守ってない事業所の指定を行政は取り消せますよっていうことらしい。つまり、サービス残業などの抑制になる?

でも労働基準法違反で告発するには、職員が内部告発するしかないだろうし、告発後の事を考えると少しリスクが高いのではないか?
それに大きな会社や法人の1事業所を潰したところで痛くもかゆくもないだろうし。
もっと経営者が畏れるようなシステムが必要だと思う。

4つめ。
介護サービス情報公表制度の見直しを実施と、公表前の調査実施の義務付け廃止。

→天下り団体の調査実施をしなくてもよくなったらしい。よかったよかった。

5つめ。
一定の基準を満たした有料老人ホームと高専賃を、サービス付き高齢者住宅として高齢者住まい法に位置づけし、有料老人ホームなどにおける前払い金の返還に関する利用者保護規定を追加。

→高齢者住まい法なるものができていたらしい。恥ずかしながら知らなかった。しかもサービス付き高齢者向け住宅は国土交通省の管轄と思っていたら、厚生労働省と国土交通省の連携らしい。

6つめ。
権利擁護サービスの推進と市民後見人の育成及び活用

→ここでの権利擁護サービスは見守り、配食や財産管理などのこと。権利擁護事業はヘルパー資格以上が必要だったけど、なり手が不足しているのか?一般市民を募集していくみたいだ。ただし、財産管理までさせるのかはわからない。

7つめ。
特養を3年間で16万人分確保。

→脱施設化!とか言っても、結局施設を増やすんだな。たしかに今のところ施設も必要だ。

icon
icon

2011.06.23

インターネットは基本的人権

ITmedhiaニュースによると、国連が「インターネットへの接続は基本的人権であり、これを阻む行為は国際法に違反すると主張する報告書を発表した」と書いてあったのでびっくりした。(下の方にリンクあり)

間違っているかもしれないけど、中東やシリア(中国も?)の反政府デモでインターネットが利用されている。
それをよく思わない政府がインターネットを遮断しているらしく、市民的および政治的権利に関する国際規約に違反していると報告官は考えたらしい。
あくまで市民運動に対して政府がインターネットを遮断することを言っているのだと思う。

しかし、日本国内にだって身体に病気や障害があるために、また利用料が払えなくてインターネットに接続できない人もいる。知識に乏しくて接続できない児童や高齢者もいる。

もしもインターネットへの接続が基本的人権とするならば、我々ソーシャルワーカーの出番ではないか?
いまこそインターネットソーシャルワーカーがインターネットソーシャルワークを行う時だと思う。

(あ、インターネットソーシャルワーク及びインターネットソーシャルワーカーは自分の造語です。将来本当に登場するかもしれないけど、いまのところ検索してもなかったです。)



価格.com ブロードバンド

2011.06.22

泡のよく立つタオル

100円ショップで買った「泡のよく立つタオル」を買った。

これが…大正解!!

普通のタオルに使ってた石けんの量を減らしても、泡立ち倍増。
なんかお得な感じがする。

価格.com ブロードバンド

2011.06.21

震災義援金アフェイリエイト?

少しアフェリエイトのバナーを変えてみた。
あんまり…というか今はほとんど収益はないのだけど
こんなのもあるので↓



icon
icon

このアフェリエイトのお金を震災の募金箱に入れようと考えた。
みなさまお買い物の際はご協力ください。m(_ _)m


楽天トラベル株式会社

2011.06.20

ホリエモン…堀の中へ

ホリエモン…堀の中へ
ホリエモンが収監されたらしい。
「livedoorとか山一証券…」とか書かれたTシャツを着て。

livedoorはわかるけど、どうして山一証券とかkaneboとかロゴが入ったTシャツなのかわからなくて検索した。
すると巨額の粉飾事件を起こしたにもかかわらず誰も逮捕されてない会社の名前だった。
よく見ると会社名の横に金額が入っていて、livedoor事件は一番安いらしい。

抗議の意味を込めてなのだろうか?
あのモヒカン頭は何の意味があるんだろうか。

ちなみにこのTシャツは震災チャリティーのために販売されるらしい。
次に生きて刑務所のドアをくぐるのは約2年後らしい。
2年後のIT業界はどうなってるんだろうか。

 iTunes Store(Japan)

2011.06.18

情報処理をしすぎて見えないこと

高度情報処理をしすぎて見えない

iPhoneのおかげで、グーグルカレンダーとの同期が簡単になった。
いつでもどこでもグーグルカレンダーの情報がiPhoneで見られるし、変更もできる。
データ資料もEvernoteやDropboxで管理することによって、いつでもどこでも検索したり取り出せるようになった。

しかし、その一方で昔のように何かのついでに他の案件が目に触れる事が少なくなった気がする。
例えばスケジュールのチェックを手帳で見ると「ああ来週はあの件もあったな…」なんて目に触れて意識化できた。
資料をパラパラ見ながら、他の時の資料も自然と目に入って思い出すこともあった。

パソコンの画面だと検索結果がピンポイントで表示されて他が見えない。
また、一月カレンダーにしてもデジタルとアナログでは記憶の蘇り方が違う気がする。
昔、学校で英単語を覚えるのためにノートへ何度も書かされた理由を実感している。

そんなわけで、かっこよく情報処理をしても、自分の頭まではついていけてないんだなと感じる今日この頃だった。
こういうニーズを解決する商品があれば売れるんじゃないかと思う。

2011.06.16

人生ここにあり

障害者関係の雑誌「みんなの願い」はたまにいい記事が載っている雑誌だが、定期購読するには質が低いので図書館で済ませている。
その映画紹介に「人生、ここにあり!」が紹介されていた。


1983年のミラノを舞台に、精神病院から協同組合へと変身した施設の実話をもとにした映画。
ちょうど精神病患者が病院から施設に移行し始めたころだと思う。
とても面白そうな内容だ。
原題は「やればできるさ」


「見に行きたいなぁ」と映画館のホームページをチェックしていたら、
ほかにもジェット・リーがアクションをしないで自閉症児の父を演じるという面白そうな映画があった。
海洋天堂」という。

どっちも京都みなみ会館でしか上映しそうにないマニアックな映画だと思う。

2011.06.14

税金のお得な払い方

年金や税金がコンビニで支払えるようになった。
利用者さんと同行して支払いを支援することもある。

そんな時に思うのは額が多ければポイントをためたりすればいいのではないかということだ。

たとえばEDYで払ったり、ファミリーマートならファミマTカードで支払えば200円で1ポイントがつく。
セブンイレブンならnanacoで支払えばポイントがつく。

クレジットカードで支払える自治体もあるらしいので、利用者の権利擁護(?)のためにも知っておいて損はないと思う。

2011.06.12

新兵器 材料はアキバにて調達


防衛省もすごいもん作ってるなぁと感心しつつ、材料をアキバで仕入れてるというのに笑ってしまった。

2011.06.10

Lion

アップルからiOS5とLionとicloudが発表された。
いつもの目新しさは感じられなかった。

でもLionがダウンロード販売のみというところに、
かつてアップロードがCD配布されなくなった時のことを思い出す。

アップルはまたもや同じことをしようとしているのだろうか。


2011.06.08

迂遠冗長

PSWとして勉強はしたものの、資格がとれたら現場のことにしか頭が回らない。
そしていつしか教科書で学んだことは頭から抜けていく…。

先日、とあるベテランPSWの方と呑んでる最中に「迂遠冗長が…」と言われて「え?なんですか、それ」と聞いてしまった。

迂遠冗長…思慮障害の一種。
思慮迂遠、冗長、保続、粘着などがある。

「迂遠」は、回りくどいこと。
「冗長」は、前置きが長いこと。
「保続」とは、話が堂々巡りしてしまうような場合。
「粘着」というと、一つの話題にこだわってしまってること。

精神の病気の人にはこういうことがよくあるが、名称がついていたなんて初めて知った気がする。
もちろん試験勉強の中にあったはずなんだけど。

専門職としては恥ずかしいかぎりだ。
まだまだ勉強が足りないと痛感した。sad


2011.06.06

いろいろなLRT

110424_2023
デパートのシャッター。
かっこいいと思ったので写真に撮った。

ネットで見てみると世界各地には路面電車やLRTがあることを知った。


2011.06.05

iPhoneとパソコンのテキストを同期

iPhoneはメモ帳とGmailのNotesを同期することができるが、iPhoneからGmailへの一方通行だった。

この PlainText は双方向に同期が可能なので、とても便利だ。

そのためには先にDropBoxを利用しておかねばならない。
なぜなら同期はDropBoxを利用するからだ。

iPhone(PlainText) → DropBoxのフォルダ → パソコン、
パソコン → DropBoxのフォルダ → iPhone(PlainText) という流れになる。

一つ注意しないといけないのは、PlainTextのエンコードがUTF-8なので、パソコンで開くときは対応したエディタで開く必要がある。

Macの場合は標準のテキストエディットで、「開く→ファイルを指定→標準テキストのエンコードをUTF-8」で開ける。

ダウンロードはコチラから↓(無料)
PlainText - Dropbox text editing - Hog Bay Software

2011.06.03

新聞報道は

110325_0801

3月25日の毎日新聞。
地図やカテゴリーが分かりやすく並べられている。

新聞はわかりやすく書いてくれることが大事だと思う。
そのいい例だと思って撮っておいた。

2011.06.01

介護ロボット

介護ロボットの実践報告会に行ってきた。

パラマウントベッドの眠りSCAN。
睡眠リズムが視覚化されて、ケアに活かせるので良いと思う。
ロボットからはイメージが遠い。あれはベッドの機械だと思う。

パロ。
デンマークなどで実証済み。しかし治験のようなことはできていない。
値段のことを考えるとSONYのAIBOでもいいじゃないかと思う。
高い割にそこまで性能がいいだろうか。

HAL。
これは去年インテックスでも見たが、スゴイと思う。
米軍が密かに軍事転用を狙っているというのもうなずける。
ただ実践ではサイズがでかいなどの問題があったらしい。
なるほど、一般のデイサービスとかでは使いづらいかも。

どれも便利だが、使うための教育が必要。そして高額だというのがネックらしい。
便利な福祉機器は増えているが、リテラシーがいるということだろう。

無料ブログはココログ
フォト