« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月の27件の記事

2010.06.29

暗い京都駅

100621_0820百万人のキャンドルナイトの夜。

2010.06.28

iPodの画面保護用フィルム

IpodiPod touchを最初に買ったとき、ソフマップで買った保護フィルムは1000円ほどかかった。

100円ショップのフィルムだから期待はしていなかった。
次のフィルムを買うまで…のつもりだったが、全然遜色ない製品だった。
びっくりした。

2010.06.27

ラーメン「太陽のトマト麺」(福島)

Photo福島駅前マクドナルド横にあるラーメン。
太陽のラーメン730円。
麺は極細麺。
具は鶏肉、チンゲン菜?
スープはトマト味のオニオンスープのようだった。
思ったよりもおいしい。
麺が細いのでスープの絡まり具合もよかった。
コラボ商品の販売やいろいろと商売根性も伺えるが、ラーメン一杯につき50円の寄付を出すラーメンもあって、企業責任も果たしている。PRともとれるがそれでもいい。

2010.06.26

釜たけうどん

Photo_2
釜たけうどん。
NGK近くにあるうどん屋。
お店にはたくさんの吉本芸人のサイン。
他にもおはよう朝日ですのサインなどもあった。
大阪でこんなにおいしいうどん屋があったのかと驚くくらいにおいしい。
四国の讃岐うどんとは少し違う。
コシはしっかりしていて弾力はあるのに堅さはない。
うどんの刺身みたい。
雑誌や魔法のレストランなどにもとりあげられていたらしい。

2010.06.25

シリコンハウス共立が移転

Photo
恵比須町のシリコンハウスが元ジョーシン玩具館跡に移転することになったらしい。
長年の巡回ルートだっただけに寂しいが、つぶれるよりかいいか…。

2010.06.23

つけ麺「土竜」(塚本)

JR塚本駅前のラーメン屋。

ラーメンはいまいち、と思ったけどつけ麺はよかった。
マヨネーズ味は普通のつけ麺とは違う。
Photo_2

2010.06.22

ラーメン「土竜」(塚本)

Photo麺は中太麺。
短め。
スープはあっさりしてるが、やや油っぽい気もする。
少ないチャーシューとネギ、モヤシ、玉子。
500円なので贅沢は言えないかもしれないが、それでもいまいち。



2010.06.21

監視カメラ

Photo_4知らないうちにフードコートに監視カメラがついていた。

2010.06.20

キャップの貯金箱

Photo_3自販機の横にあったら気楽にキャップを入れられる。

ペットボトルの蓋は換金されて薬になる。

2010.06.19

福祉職員のためのデータシステム

SWHS Social Work Data System。
ソーシャルワーカーのためのデータシステムらしい。

SWの増員を要求するための客観的なデータが必要なため作られた?
その他、客観的に振り返ったり、資料を提出するときに便利らしい。(ネタ元←トラックバックがないので勝手にリンク)

前に読んだ論文で、福祉経営者が必要としている人材に「データベースが使える職員」というのがあった。
技術的にワードやエクセルが使えるのは今や最低限必要だが、これからはプレゼンテーションやデータベースも必要になってくるはず。

データベースの概念を持って仕事をしていくことは事務仕事だけにとどまらず、EDBにもつながるのだろうと思う。

2010.06.18

新しい請求ソフト

新しい障害者自立支援法請求ソフトが出ていた。
しかもフリーソフトで。

 

就労移行支援/就労継続支援A型・B型ソフトわかるくん

残念ながら居宅の請求では使えなかったが、なかなか使いやすそう。
しかも不完全ながらMacでも使用できた。
WindowsとMacのハイブリッド。

恐ろしいことに、東京の障害者作業所が制作していた。
高機能版を有料で販売している。

前にも福祉作業所がソフト開発をしていると記事を書いた。(コチラ)

福祉作業所にこういう商売ができるなんて、悪法自立支援法以前に想像できたろうか。
良薬口に苦しとはよく言ったものだ。
(自立支援法が良薬とは言えないが)

支援費制度以降、事務量が増加し、特に障害者自立支援法以降は単価の低下で事務員を雇えない事業所は多い。

しかも支援員が事務仕事を行うと、その分利用者さんに携わる時間が減る。
そして効率的な事務仕事には効率的なPCソフトとそれを利用できる職員が必要だ。
しかし既存の福祉関係ソフトウェアは高額で使いにくい。
自分で作れるものなら作りたい!という思いはある。

こういう職場が羨ましいと思う。

2010.06.17

寿司

梅田の阪神デパ地下で寿司を食った。

立ち食いとはいえ、安い回転寿司よりもうまい。
そのくらいの舌は持ち合わせていたようだ。
(残念ながらこれ以上の味覚は持ち合わせていないだろう)

中トロでも十分とろけた。
これを味わうとマグロ漁禁止に反対したくなった。

…食べられなくなっても困るので、乱獲も困るけれど。

2010.06.16

映画「京都太秦物語」

京都太秦物語。
90分の短い映画。
入場料も大人の当日券が1000円だった。

「産・学・公」が提携した作品ということで、公式HPは立命のURLになっていた。
学生がこういうのに携われるのって面白いんだろう。
メイキングムービーがあってもよかったのではないか。

監督は山田洋次、阿部勉。

ストーリーは昔からありがちなラブストーリー。
舞台が太秦大映商店街や立命館大学ということで、知っている自分には楽しめる映画だった。
他にも京都駅や鴨川、そして高島屋など馴染みの場所が多くあったが、嵐電が何度もでてきて、映画で見る嵐電もいいもんだなぁと感じた。

2010.06.15

京都駅前イオンモール

京都駅前に新しくイオンモールKYOTOが開店した。

駅からは少し歩くが、アバンティへ行くことを思えば大差ない。
エスカレーターの横が吹き抜けのイベント広場なのを見て、近鉄京都店のつくりと似てるなと感じた。

目当てのソフマップは中古が減ってつまらない。
それからカメラとオーディオのコーナーがわざわざ区切られている意味がわからない。

2010.06.14

ガンダムvsガンダム Next

Vsアーケードゲームのガンダムvsガンダム Nextをクリアできた。
やっと。
しかもAルート。

いつも使っているガンダムじゃなくてストライクを試したらギリギリでクリアできた。

それにしてもDルートやEルートをなんなくクリアする若者達はなんなんだろう。
あれこそがニュータイプといえるのではないか。

2010.06.13

4月のバリアフリー展で気になったもの

今年のバリアフリー展で気になったものたちのメモ。

ゴムQ
シリコンゴム製の定規は滑りにくい。
力が弱い人でも簡単に定規を押さえられると思う。

歩導くん
点字ブロックならぬ点字マットみたいなもの。
点字ブロックと違って設置が簡単。

高齢者・視覚障がい者用LED付音響装置
この装置のすごいところは素材が柔らかいこと。
従来の装置はぶつかると痛かったが、これは画期的。
LEDとか音は今までと大きな差の実感がわかないけど。

2010.06.12

みなとみらいセンタービル

みなとみらいセンタービル

吹き抜けから太陽の光を建物に取り込めるようにしている、この新しいビルは。

しかも、すごいのは太陽光自動追尾システムという3種類のミラーで光を建物内に取り入れるところ。

ビルの中心部は暗くなるので電灯が必要になるが、このビルは吹き抜けから明かりが挿し込むから、結果として省電力に繋がると思われる。

2010.06.11

マンガ「三国志」

横山光輝のマンガ「三国志」がおもしろい。

漫画がおもしろいのか、それとも原作がおもしろいからだろうか?

古い漫画だがネットカフェに全巻置いている。
今も人気があるのだろう。

そういうわけで最近ネットカフェにこもっている。

2010.06.09

ラーメン「元町ラーメン」(油小路通出水上ル)

Photo_3

濃厚な醤油ラーメン。

麺は中太麺。
ネギともやしとチャーシューと、スープは濃厚な醤油味。

わかりにくい場所。
それでもクルリのファンは探してくるみたいだ。

たくさんCDが飾ってあった。

月〜土18:00~1:00
定休日 木・日

2010.06.08

いきなり団子とかんころ餅

Photo

友人に連れられ入った古書店・KARAIMO BOOKSにて。

2010.06.07

ラーメン「 東華園」塚口

塚口の住宅街にある中華屋。

麺は細麺。
あっさりスープはすっきりしていて美味しい。
ネギも細い万能ネギでシャキシャキ。
メンマが小さく、チャーシューが硬く薄い残念なものだったが、総合していい感じ。

450円なので、値段もまぁまぁ。

2010.06.06

リアルなケータイ捜査官?

Photo_5産経新聞より。

写真をよく見るとケータイ捜査官?

2010.06.05

消防署の自販機にて

Sbsh0001炎のめぐみ、らしい。

2010.06.04

大坂の渡船

Photo_2大阪の天保山向かい。
JR桜島駅から徒歩10分くらい。

大阪の渡船がある。
無料。

1分ほどの短い距離だが無料で船に乗れる。
知的障害のガイドヘルプで喜ばれることうけあい。(と思う)

2010.06.03

WE RULE

Img_0078iPhoneアプリのWE RULE。

自分で王国を作っていく箱庭ゲーム。

うちの王国はこんな感じ。

ゲームは無料だが、mojoは有料。
mojoとは、普通は時間のかかることもmojoを利用することで短時間で完了してしまう魔法の薬。

オンラインゲームといい、Greeといい、最近この手のゲームが増えているように感じる。

自分の感覚だと、バーチャルな世界のゲームに現金を支払うなんてありえない。

それでもこの手の商売が増えているということは、ゲームというバーチャルな世界がゲームをしているプレイヤーにとってリアル化して、リアルな現金を投入しているプレイヤーが増えているということなのだろうか。

彼らは金持なんだろうか、現実の世界で。
リアルな世界は貧乏でバーチャルな世界で富んでもなぁ。
文字通りあぶく銭をリアルな世界で稼ぐことに…と思った。

2010.06.02

京阪淀駅

1 2 3









京阪淀駅。
片側が高架になり、もう一方もいつか高架になるのだろう。

しかし、淀駅が高架になったら、この人知れず展示されている置物は忘れ去られるのだろうか。

2010.06.01

休日

休日にジムへ。

仕事終りの夜はトレーニングマシンに行列ができることもあるが、平日の昼間はけっこう余裕。

エアロバイクやローイングマシンで1時間ほど運動。
軽くても汗はけっこう出る。

それでもラーメン1杯分のカロリーにもならない…。

無料ブログはココログ
フォト