« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月の13件の記事

2005.09.28

Harley-Davidson

20050927
今日、久しぶりにバイクで出かけた。
友達がツーリングの話をしていて、「バイクに乗んなきゃ!!」っていう感覚(笑)がよみがえったから。

さっそくバイクをレンタルする。今日はどーんと、行きたい!気分だったのでハーレーダビッドソンの1200をレンタルした。後ほど色々と学習することになるのだけど。

行き先は、とりあえず海!船、タンカーが見たい!ということで一路太平洋は大阪湾へ。「ドボボボ!」

さて、大阪市内に入ったあたりから左の指が痛い。皮がめくれていた。アメリカ製だけあって、手の大きさが合わないんだろう。かなりクラッチを無理していたのだ。すぐに「MSK七つ道具」の絆創膏を貼る。
そして考えた。「このまま指に負担をかけてはダメだ…よし!阪神高速に乗って湾岸線を走ろう。」高速ならクラッチの回数も格段に減るはずという単純な思考だった。(でも絆創膏の効果もあり、これ以降指は楽になる。)

阪神高速は大型トラックがレースをしているようで、とっても怖かった。それでも5号湾岸線の景色は素晴らしかった。(よそ見するなよ!)ゆっくり景色を眺められなかったのが残念。「ドボボボ!」

湾岸線を降りてゆっくりタンカーを眺めようとしたけど、偶然天然温泉を発見。というわけで露天風呂に浸かりながらタンカーをのんびり鑑賞してきた。それから初めてラベンダーの湯に入ったけど、湯も温めでリラックスできた。

帰りは(ラーメン食べてたら)暗くなっていたので、おとなしく名神高速で京都まで「ドボボボ!」。
ところが道中バイクの左ミラーがブラブラになってしまう=左後方確認できない&夜の高速=めっちゃ危ない。
しかも、またもや通り雨に遭遇。とりあえず死なないようにひたすら走る。「ドボボボ!」

そして無事に南インターを経由し、バイク屋へ到着。「ブルルン!パスッ…(エンジン切れる音)」
そこで今日あったバイクの不調について話すと、店のおっちゃん曰く「ハーレーやから仕方ないね。よくあることやし。まぁ、そこがマニアに受けてんやけど。」
走行中にミラーが使えなくなる…これがよくあることで済まされる。そんな度胸、俺にはない。(--;

そこで、なんとなく浮かんだ自作の諺を書いておきたい。「私にはハーレー」(皮肉的豚に真珠の意)

2005.09.27

雨宿り

バイクで海にきたら、雨が降ってきた。久しぶりの雨宿りです。0509271706.jpg

物欲

x31
長年愛用してきたデジカメのサイバーショットが故障し、新しいミノルタのDimageX31に買い換えた。
カタログスペックだけは1級品であったが、実際使用してみると色々不満に思うところが多い。

サイバーショットは蓋を開けると、すぐに起動、撮影可状態になって、とても使いやすかった。その上、夜もきれいにとれた。単焦点だったがAFで難しいことを考えずに撮影、ビジュアルブックマークできた。

X31は起動は速いが、書き込み時間が長く、光学ズーム搭載ではあるが、AFに時間がかかる。シャッターチャンスが逃げてしまうのだ。そして暗いところの撮影は画質が弱く、ぶれやすい。

そこで、またまた買い換えを考えて候補二つを選んでみた。
一つは以前の後継機種、サイバーショットU-50。もう一つは京セラi4r

どちらもスパイカメラのようでデザインも面白い。(最近デザインが気になる年頃)
特にi4rは京セラ最後のデジカメ製品。最初に買ったデジカメが京セラだったので感慨に浸る。ただi4rは手ぶれしやすく撮影した結果をパソコンで見るまで、どんな写真ができるかわからないという不確かさがある。まるでLOMOみたい。(上手に撮影できれば上質な画像が撮影できるらしいが。)そして充電池なので乾電池非対応。

一方U-50は、サイバーショットだけあって簡単に綺麗な画像が撮影できる。バッテリーは乾電池対応。しかしこっちも調べてみると問題が。
今までの機種と異なり蓋連動スイッチでなくなったので、1レンズキャップをはずす、2スイッチを入れる、3レンズを回転させる、と、これまたシャッターチャンスが逃げてしまう。何よりメモリースティックがDUOタイプという高額なメモリーにしか対応していない。これだけで、かなり出費が増える。

結果、う〜んって悩んで買うの先延ばし。
良いカメラに出会うのを待ちます。
#とブログに書いておけば自制心も働き衝動買いしないだろう(笑)

2005.09.25

ガンプラで脳力あっぷ?

ガンプラを作れば脳の力が上がる。こんなニュースがあるそうです。そういわれると子どもの発想って柔軟ですよね。これはガンプラを作ってるから…なんてこともないかな。政治家よ、ガンプラを作れ!なんちゃって。

ところで、小泉内閣は4年で240兆円の借金を作って大問題ということですが。今までの内閣はどれくらい借金を作っていたか?誰か知ってる人教えてください。

2005.09.21

おっちゃん

仕事上がりの夕食にオムライスを食べに行った。
その店の閉店は9時。入ったのは15分前。店はほぼ満席で賑わっていた。
ラストオーダーを取りにきた。時間は8時50分、まだ余裕。その考えは5分後に否定される。
8時55分、集団客が店を出ると次々客が勘定を払って出ていく。
9時、客は外国人カップルと会社帰り風のおっちゃんと自分。外国人客が出ていくと、おっちゃんがこっちをチラチラ見る。おっちゃんのジョッキにビールは半分残っていた。こっちのオムライスも後半分。
これは…競争か!!急いでケチャップでシンプルに味付けされたゴハンを掻き込む。
食べ終わった。その時おっちゃんは…。
おっちゃんはビールを残したまま今にも泣きそうな目でこっちを見ていた。0509212103.jpg

2005.09.20

"Re-think,Re-new,Re-invent"

head_01
スーパー「ダイエー」の創業者、中内功氏が死去した。ご存知、「福岡ダイエーホークス」(現ソフトバンク)のオーナーも務めていた。
直接の知り合いというわけでも、尊敬していた人でもない。
ダイエーでバイトしていた時に、バイトで初めての快挙という賞を貰い、もらった商品が中内社長(当時)のメッセージ入りテレカだった。記念として、自信として、それは今でも持っている。
そんなことから、とりあえずご冥福をお祈りしたい。

2005.09.18

中秋の名月

今日はお月見です。京都では赤くてきれいな月が見えました。満月の十五夜は数年ぶりだそうですよ。0509131900.jpg

2005.09.15

本人に言えたらなぁ(笑)

 先日、職場の研修で常務からこんな話が出ました。「職員の質が高まれば施設の質が高まる。その為に資格を取りなさい。それは、これからもっと厳しくなる福祉業界全体の質を高めることになる。」と。
 これは福祉業界だけの話ではなくて、『今後の年金受給開始年齢の引き上げと受給金額の引き下げはさけられないため、一般人が経済的に安心して生活するためには70歳ぐらいまで健康的に能力発揮できる「持続的な働きかた」が必要不可欠になる』ということです。(アソシエ9月号より)
 そういうわけで我々はこうした現状に対応するために、働きながら「健康管理」「資格・技術の取得」「自己実現」を行っていかねばなりません。そしてそれらは全て欧米のように「自己責任」になるようです。
 疑問なのは、それを実現できるような環境が今の職場にあるかということ。資格を取るにはお金がかかる上に仕事を休むのが前提になると思うのです。しかし、そう都合良く仕事は休めないし。これは他の職場でも同じではないでしょうか。
 職場と職員が育て合う(?)そんな環境がこれからの社会の質になると思うのです。そこで福祉業界の質を高めるために、まずは職場の質を高めませんか?ねぇ、常務…。

2005.09.12

iPod nano

nano
ほっとけない世界のまずしさキャンペーン」よりも人気急上昇のサイトがあると聞きまして。てっきり「マイヤヒー!」のFlashサイトかなって思ってたんですけど、違ったんですね。そうiPodの新製品である「iPod nano」のサイトだったんです。

その「nano」を発売当日に偶然、実物を見る機会がありました。
本当にiPodを小さくしたものでした。でも使い勝手はそんなに悪くなかったです。
iPodじゃ大きい&高い…と思ってた人には良い商品だと思います。2Gしかないけど。

カラーは白と黒の2色。プレステポータブルも白黒2色販売するみたいで、今年は白黒2色が流行るのかな〜。…どっちかはっきりしろよ!って個人的には思うけど。

2005.09.05

本当かなぁ?(--;

西日本新聞社発行のブックレット「食卓の向こう側」によると福岡県内の養豚農家で、廃棄されたあるコンビニの弁当やおにぎりを母豚に毎日与えたところ、豚の妊娠期間である114日後のお産で、死産が相次ぎ、やっと生まれた子豚も、奇形だったり虚弱体質ですぐに死に、透明なはずの羊水がコーヒー色に濁っていたそうです。
なんか怖いですねぇ。・゚・(ノД`;)・゚・

心斎橋そごう

招待ハガキが来たので、ミナミへ行く途中に行ってみますと思ったより空いてました。
それでも行列ができていて景品交換は品切れでした。婦人もの店が殆どなので行くことはあまりないと思われます。0509051906.jpg

2005.09.04

で郵政どうよ?って聞かれたので

実際、よくわかりません。
情報不足というか氾濫してるというか。
たしかに話を聞いていると、賛成反対どっちの言い分も正しく聞こえる。けど結局は利益を守りたい勢力と利益を得たい勢力の争いに思えるから。
郵政民営化が正しいかどうか自分には判断が難しいです。

今回の選挙を「今度の選挙は郵政民営化を問う選挙だ」と自民党は言ってます。
というわけで代わりに今回の選挙について福祉分野から各党をチェックしました。
今問題の「自立支援法」に関しては与党の自民と公明は素通し。民主は修正して通す。社民と共産は反対で支援費拡充をうたってます。
与党は郵政の隠れ蓑を使って、当選したらいろんな法案を一緒に通していくものと思われます。
※たぶん医療保健心理士法案等も

ついでなのでこの話も…。
介護保険の給付額抑制をねらった法改正を受け、全室個室(ユニットケア)の特別養護老人ホームへの介護保険の報酬が10月から大幅にカットされるそうです。そうなると居住費を入所者から徴収する仕組みになり、だいたい一人当たり約4万円の居住費を払うことになります。さらに食費の補助も無くなり全額自己負担です。この政策は金持ちと生活保護受給者以外にはツライ。・゚・(ノД`;)・゚・
腹が立つのは、ユニットケアを推奨するため、新設ホームの場合は「ユニットケアで!」と行政が働きかけてきたことです。作ったら手を返すようにこの仕打ち。ノ―_―)ノ┴┴ これが今の行政のやり方なんですなぁ。

そういうわけで、自分は与党反対です…ということは自動的に民営化も反対ということになるのか?
それもおかしいですよね。(o^▽^o)

2005.09.02

郵政民営化は賛成の反対なのだ

このblogは、このアドレスを知っている人だけに公開している。
よって原則として知らない人が見ることは無い。

時々、メールでコメントを送ってくる友達がいて、そういうのは嬉しく感じている。
今日は郵便が届いて、その短い手紙の中にblogのコメントが書かれていて、なんだか新鮮な気持ちだった。

ちなみにタイトルに深い意味はありません。単に郵便で届いたから。(^^;

無料ブログはココログ
フォト